FC2ブログ

Welcome to my blog

まぁ チョット聞いてくださいな

ご訪問、有難うございます-四月中旬以降 体調に合わせて不定期更新としました-お気に入りブログは無断でリンクさせて頂いてます-お許しを🎶

宝物

catalina0972res2d.jpg
(最近 何処へも行かないので 8年前の夏らしい風景写真を引っ張り出しました
ロスアンゼルス沖の小島、カタリーナ島です)


🌴

家人にはガラクタに見え わたしにとっても何年も
使ってないモノ、服、本などでも
棄てるとなると 気後れしてしてしまう性質です

せめてこれ以上増やさない様に、 と
お誕生日前に 贈り物はしないでくれ、 と頼みました

それでも次女からは 「小さくて場所をとらないから」 と
スマホ用のワイドレンズを贈られて来ました


lense20180805widelense105200res.jpg



これなら断捨離中でも 写真を撮るのが大好きだから
これなら喜ぶだろう、  と思ったんでしょうね。。。

嬉しいです、 が本音 (苦笑)



長女はわたしの決意を汲んで モノではなく
最愛の 《孫》 の写真を贈って来てくれました


baby2018film.jpg
(プライバシーを重んじて フィルムをかけました)

八か月を迎え、 歯が六本生えたそうです (^^♪

👶

さてさて・・

お付き合いしてるBFの出張に便乗?して次女は今
台風の影響の多い、そして炎暑の日本を観光中です

出発前の ある日・・
仕事の切れ目に入り たんまり時間がまったとみえ
近況などを伝える交信が続けざまにありました

先月のお誕生日に送ったコーラルサボテンを
愛猫がいたく気に入ってる様子の写真やら、・・

テイクアウトのおむすび弁当のスナップやら・・


coralcactus2lunchbox3res.jpg
(Coral Cactusの方は加工、 その後 両方を合成してみました)


メキシコで結婚式をあげたお友達から
遅ればせながら送られて来たというく写真も! 


20180728wedding192355res.jpg
他愛ない内容なんだけど 老夫婦の単調な
暮しにはメリハリになります

家族が一番の宝です (*^_^*)


戻って来た閃輝暗点

a2775chromaticres.jpg
(7年前 ロスアンゼルス科学センターで撮影 - 
閃輝暗点ではありません  が、結構似た感じです)




以前ブログをしてた頃・・
だから10年ほど前でしょうか 
よく飛蚊症の症状がありましてね

その後 両目の片側に半円の形をして
チカチカ光る輪が見えるようになりました 
 
眼を閉じて冷静にしてる間に消えてしまいます  

閃輝暗点 だと自分でネットで調べてで知りました
(Wiki をリンクしておきますが、当時はこれほど情報が載ってませんでした)

その後の定期検診で (直ぐには診て貰いませんでした)
大して問題視もされず 症状があったら安静にしてる
ように言い渡されただけでした

普通だと こうした症状の後 偏頭痛で悩まされることが
多いそうなんですが、 わたしの場合 頭痛無し、でした

次の定期検診では 「念の為 スキャンしてみましょう」
ということで検査を受けましたが、血栓は発見されず仕舞い

すでに溶けてたか 移動してしまってたのかも でした

👀

眼科の検診でたまたま黄斑変性がある、 
と診断を受けたのは、その数年後・・   
その頃には飛蚊症も閃光の発作は現れなくなってました

それが・・ 再び~! 

夜 家事も済み シャワーも浴びてから、
ノートパソコンの前に座り メールをチェックしてた時
左上が読み難いんです

片目をつぶってみても同じ

何故か左上に盲点が出来てる!

焦りました

これ、 なんだろう~~?!

急性緑内障なのかしら?!

不安になりながら 文字をこらえて見てる内に
黒色の、 細い半円に
金色の幾何学模様のチカチカが、現れ始めました

直ぐに 閃輝暗点だ、 と思い浮かばなかったのは、
症状が現れなくなって久しいということ、 と
以前のは いつも決まって右側半分だったこと、
そして以前のと比べ  輪も光も小さく 
まとまっていて、 大きく広く飛び散ってない、 
という見馴れないパターンだったからなんです

これも閃輝暗点なんだろう、 と解釈して
じっとすることおよそ20分
(ひかりの輪は 眼を閉じていても見えます)
やがて輪は消えましたが、 暗点の方はそのまま残ってる!

昔はこんなんじゃなかったです

が 以前同様 かなり直ぐに正常に戻りました

翌朝 眼を覚ますと 
元通りに見えるようになってたのでひと安心

こうして またPC三昧の暮しに戻ってしまってます

良くありませんね~!

「喉元過ぎれば熱さ忘れる」、 
と母の声が聴こえて来そうですわ  💦 💦



お盆に想う

dragonfly7571local1res.jpg



「お花買って お供物添えて ご仏壇の用意して・・
言って貰えば しますけど、 どうする?」、 と
これまでお世話してくれてた方から、今年は例年になく
こんな風な訊かれ方をされました 

流石のわたしも空気を読み、
「今年は・・ 結構です」 と応えるざるを得ませんでした

世間や田舎の慣わしに疎いわたしを心配してた母が
生前しっかり頼んで行ってくれたおかげで 
亡くなってから三年以上経つ今も
色々力になってくれてる方なんですが、  
お中元にお歳暮、それに帰省時のお礼・・
だけでは 不満も出て来るに違いありません

これからも厄介にならなくちゃいけないわけで、
無理を言って迷惑はかけられませんものね

亡母にも ご先祖様にも 申し訳ないのだけれど
今年からは棚経はしていただけなくなることに。。。

仕方ないです



実家の方もこのまま空き家のままにしておけません

どうにかせねばならない時期が来ています

秋にお墓参りに帰省したいと思ってますが、 
当然 一度に解決するわけじゃない

その前にやっておかねばならない事がありますし ね

一応一人娘という立場でいながら、 複雑な家庭で、 
それだけに受け継いだ地所なども 筆数が多い

年甲斐もなく 日本のこうしたことに疎いし、
おまけに ややこしい事が苦手、 さらにボケが始まってる!

だからといって 放っておいたまま わたしが逝ってしまったら
わたし以上に 慣習も法も 言葉も無知な、 残された家族が困る! 

なんとしてでも 解決しておかねばなりません

でも、 どこをどうしたら無事に乗り切れるものやら。。。

先を想うと 途方に暮れるばかりです

そればかりじゃない
頼りにする人たちも 誰をどれだけ信じてイイものか

傷ついたことが これまでに何度かありましたし。。。

実家のあるのは地方の、 それも封建的な超田舎です

都会から戻った人でも逃げ出したくなるくらい、と言うほど
人間関係が とっても難しいのです



にわか仕立てで台所のカウンターの隅にこしらえた仏壇に
お花とお線香をあげて 母やご先祖様に手を合わせ
ただただ 詫びるのみのお盆になりそうです



てんでんばらばらの我が家

DSC00046res.jpg



夏休みもたけなわ・・
お子さんのおられるご近所さんたちは
猛暑に負けず、 バケーションにお出かけのようです

お隣さんの家の前にキャンピングカーが停まってました
州内の国定公園へご出発だそうです

お向かいさんご一家は 奥さまのご実家、
ブラジルへご帰省だとか。。。

我が家?
一年中サンデー毎日ですから ネ
今更~~ という感じ
外は暑過ぎて 何処にも出かける気になれません

年をとった証拠でしょうかしらね
もう~~ 億劫で 💦 💦

次女は お付き合いしてる方が日本へ出張だそうで
便乗するんだと 張り切ってます



長女の方はどうかというと・・
去年は 切迫早産のおそれがあり入院中で
バカンスどころではありませんでしたけど、
夏のバカンスは アメリカには帰省せず
大抵 婿殿の家族と一緒にヨーロッパで過ごしてます

例えば 一昨年、  イタリアの・・・ それも
わたしの憧れのコモ湖畔でのバカンスだったんですね

写真 ↑ ↓ が出て来て 想い出しました (苦笑)


lakecomo00069res.jpg


湖の近くの エアーB&B  に一週間滞在したとか。

婿殿の母君が何やら美味しそうな朝食を準備中の様子



lakecomo00060res.jpg


lakecomo00063res.jpg


「美味しそうだったわ」、 と ス●スで会った時 に褒めたら
恥ずかしそうに、 
「実は お砂糖と間違えてお塩を入れてしまったのよ」
との告白が!   褒めてかえって悪いことしちゃいました 💦

🗻

ところで 今年の長女一家の夏のバケーションは
赤ちゃん連れなので婿殿の実家へ帰省するだけ、 と
決めたそうです

母君はきっとてんてこ舞いでしょう  チョットお気の毒

でも初孫と一緒に過ごせて 嬉しさいっぱい、ってとこでしょうね

「赤ちゃん連れだから 飛行機での長旅はまだまだ無理!」
と 訊けばつれない返事の娘です

孫を連れて帰ってくれば 次女も会いたくて来るだろうし
そうなれば 久しぶりに家族が揃う事になると
思うんですが  何時になる事やら~~



雨といが塞がったワケ


sanantonio4973res.jpg
(済みません 今日のお喋りとは殆ど無関係ですが、
一昨年撮ったサンアントニオでの写真で少々涼を。。)



先日の事・・

カラカラ陽気が続いた後 大雨が降りました
雹も雷も激しく 嵐のようでした

ふと外を見ると・・
雨樋 から雨水が飛沫を上げる様に弾け落ちてる!
(写真では上手く撮れませんでしたが)


ggutter2864.jpg


何が詰まってるんだろう? と好奇心旺盛な夫

雷がひどいので 止める妻 (わたし) を振り切って
雨合羽に身を包み 大雨の中を見に行きました

案の定 原因掴めないまま戻って来ました

あんな豪雨では当然です 
見上げることだって出来ないし
梯子だってかけられないんだから

翌日は昨日の土砂降りが嘘の様に快晴~!

早速梯子を持ち出して来ましたが・・・届きません


ggutter2581.jpg


周囲に高い木々はないので 木の葉が詰まったとは
考えられないけれど、 好奇心を抑えきれない夫は
ガーデン・ブロワ―を使って 下から 
異物?を吹き上げようと魂胆

でも 何にも舞い上がりません

すっかり諦めた・・ と思いきや

暫くして外から戻って来て スマホを見ろ、って言うんですよ

そこには樋の中にシッカリはまってるテニスボールが
写し出されるじゃあないですか!

梯子を登り その先は長い棒に括り付けたスマホの
ビデオをオンにして撮ったんですね

執念深い 根気のあるシニアですネ 夫って!

テニスボールを投げ入れたたまま放置した犯人
お隣の坊ちゃん達だと思います

兄弟でテニスで遊んだ後 必ずといって良いほど
ボールがうちの庭に落ちてるんです
 
その度 垣根越しに投げ返して上げてました

今回は戻してあげたくとも出来ませんよ 

で 親御さんにお手伝いして貰うことに決めました

快く引き受けてくれ お友達から梯子を借りて来て
貸してくれたそのお友達とふたりで除去してくれましたよ

ついでに 「お宅のもボールが引っかかってるかも」
と教えて上げました。 お隣の雨樋も土砂降りの中 
うちよりも酷かったくらいですから ね


ggutter2865res.jpg


お手伝いしてくれた上 とっても感謝されてしまいました
ボールが二個も見つかったそうです 笑


ggutter2582.jpg


「前庭ではテニスで遊ばない様によく言ってあるのに」
と言い訳、謝る奥さんに、 夫は
「いや、 男の子というのはそんなものですよ、
僕だって小さい頃は 親にいけないと言われた遊び方を
したものだから」 と言って 大笑いになりました

すると お隣さんも負けてはいずに
「今だって 止められない]
と言って 大爆笑になりましたよ



それにしても 修理や維持の大変さを繰り返したくなくて
中古の家を避け 新築したのに なんだかんだと
結構手が掛かり タメ息が出ます


結婚式招待状に想う

お友達の息子さんが結婚することになり
招待状をいただきました

式場はフロリダのパームビーチにある著名な博物館

先ず 前夜は 9時から11時まで 此処で
ウェルカム・パーティから始まり

翌日の披露宴は夕方6時15分、 その後にディナーとダンス
(上記の博物館で)

服装はブラック・タイ

また翌朝は9時から12時までお別れブランチ、 ですって
此処 で)
夫もわたしもかなり苦手なフォーマルなやり方なんですね

もう~~ 招待状だけで 圧倒されてます (苦笑)


💒


長女の結婚式と披露宴は、 ●ルギーの田舎でしましたが
それはそれは素朴な 温かな(皆に祝福され)お祝いの仕方でした


(長女の結婚式の写真、外します)


その後 ゲント市内や川巡り、ブルージュイーペルの観光、
と 向こうの家族に案内され その一緒に過ごした時間が
お互いに親しくなれるチャンスになりました


belgium0591res.jpg

(ゲント市内)

belgium165029res.jpg
 (ブルージュ) 
belgium1130res.jpg

belgium0793res.jpg
 イーペルの戦士の墓地
イーペル市内 
bel0824res.jpg


一方・・ 次女の方ですが・・
派手なウェディングをしたい、 と言ってます
(まだプロポーズもされてないのに~!)

アメリカは年々大掛かりになって来てる気がします

わたしが渡米した大昔は 自宅庭でのガーデンパーティ形式、
とか卒業校のチャペルで、 とかかなり質素でしたね
今に比べると・・

まぁ 一生に一度 (と望んでますが) のことですから 
世間体とか 競争心からではなく
当人にとって悔いのないやり方が一番なんでしょうね