Welcome to my blog

まぁ チョット聞いてくださいな

在米生活長い団塊世代 飽きっぽくブログタイトルまた変えました。 内容も薄っぺらで取り柄なしですが よかったらお立ち寄りください。

バイテックスの花 / HTMLタグ

vitex7847res.jpg


去年庭に植えた1メートルほどの高さだったバイテックスの木が
かなり成長し綺麗なラベンダー色の花を沢山咲かせてくれています♪

🌸

ところで・・
以前ブログのレイアウトが崩れてしまうという現象が起きたことがありました

10年以上前に独学・・・といってもインターネットのフリーコースで
ホームページの作り方を齧って何とかウエブサイトを完成させましてね

その際 習ったHTMLタブを少し覚えていたものですから
目を皺くちゃにさせて下書きを凝視・・・
結果 </div> の置き場所の間違いに気付いたんですよ 

でそれを直してみたら・・
ビンゴ~!  笑
正解でした

以来 同じような問題は起きてなかったのに
昨日の記事は写真が抜けて行がバラバラだったんだそうです!

お知らせくださった ◎さんにはホントに感謝です  _(._.)_
プレビューで見た分には異常が見つからなかったんで
知らなかったんですもの~!

わたしが見てもいつも通り 問題はなさそうだし・・
訳が分からず困惑しております

似たようなご経験なさってるブロガーさん いらしゃいますか~?

🌸

冒頭のバイテックスの話に戻りますが・・
長年住んでたバー○○○州では見かけなかったんですよ

(バイテックスはセイヨウニンジンボクって日本で呼ばれてる?)

春はペア・ツリー(梨の花)から始まって・・
ハナミズキ (州花でした) ⇒ 木蓮 ⇒ 
そして6月になると百日紅が主流になってましたが
此処ではハナミズキは全然見かけません
恋しいです。。。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村




バイテックス セイヨウニンジンボク ホームページ ハナミズキ 木蓮 百日紅

50円の支那そば

  • CATEGORY想い出
  • PUBLISHED ON2017/ 05/ 25/ 06:10
ramen7415orton.jpg


くら寿司で回転寿司を初めて夫婦ふたりで体験した時に
もの足りなかったのか 夫はラーメンも!

器が小さ目だな、 でも美味しそう!
に見えたのに 夫には麺が固過ぎたみたいなんです 😫

我々ならシコシコっとした麺の方が美味しく感じますのに ネェ!

でも夫の場合    それこそ御粥のような柔らか~~な
歯ごたえのないような麺が好みなんです  ご飯でも!

「でも豚骨スープは旨かったよ」 と 己を慰めかに聞こえる食後の感想

🍜  

それはそうと ラーメンで思い出すのは 
再婚前の母とふたり暮らしだった頃のこと

学校から帰って鍵の掛かってる日は母が留守

(女性ながら腕の立つ職人だった母は 
頼まれると出張仕事もする人でした
町内でも町外れや山を越えて、 といった遠方は
徒歩だと行き来に時間が掛かります
帰宅は7時? 8時くらになることもありました)


こんな日は必ずテーブルに置手紙を残して行ってくれたんです

おやつもあったのでしょうけど たまに手紙の上に置いて行ってくれた
50円玉 (勿論10円玉五つの時もありましたが) は忘れられないですねぇ
そう! 50円玉に未だ穴のなかった時代でしたよ

50円玉 =支那そば  (子供時代 故郷の田舎ではそう呼んでましたっけ)

ご近所にあった支那そば屋さんで夕食は済ませなさい、 という意味だったんです

支那そばは大好物でした! 寂しさの代償に十分なったくらいに。 

シナチク (今の言葉でメンマ 苦笑)、 🍥なるとまき、 海苔、 ゆで卵半分 

あの美味しさは忘れようにも忘れられまっせん 笑

が 食べ終わった後に待っているのは 
薄明りの中でひとり母を待つ寂しさでした 寂しいというより恐怖でしたね

母がこのまま帰って来なかったらどうしよう! と常に怯えてる子供でした

ラーメンはそんな気の弱い、怖がりっ子を癒した束の間の魔法の杖
だったかも知れない、 と言ったら笑われるような昔話でした

どなたさまもお退屈様で _(._.)_


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村




支那そば シナチク ラーメン

ガラス窓に突進して来る野鳥

backyard8761res.jpg


以前の家はサブディビジョン(分譲住宅地)自体が
雑木林に囲まれてるかのような 自然に恵まれたところだったので
四季を通してリスや10種類以上の野鳥
毎日の様にウッドデッキに顔を見せてくれてました


birds0097.jpg


ところがたまにガラス戸目掛けて飛んで来ては追突、
即死する野鳥もいて そういう時は裏庭に葬ってあげたものでした

此処に越して来て、木々も少ないので野鳥もいないだろう
と半ば諦めていたんですけど ネ
ところが ドッコイ
意外にもかなりの数の鳥が
飛び回ってるのに驚いてるんですよ

でも 此処でも 同様春先になると
鳥がガラス窓目掛けて突進してくることがあるんです

ドスン とか コッツン とか
ガラス窓に写る自分の姿を目掛けて突進して来る音を聞くと
脳震盪でも起こさないとイイけど・・ と不安でたまらなくなるけれど
対策の打ちようがありません

bird1862res.jpg

フクロウの置物を飾ると野鳥が近付かなくなるとかで
日曜大工のお店には何処でも ↓ のようなおとりまで売ってます

owldecoy1homedepot.jpg 
(ホーム・ディポのサイトから写真は拝借)

カントリーサイドに住んでるお友達がいて 裏庭に置いてますけど
効果なし、 とか (苦笑)

CDとか吊り下げておくと キラキラするので効果てきめんだそうですね
でも チョット・・ 外観が悪くなりますよね

困ったな。。。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村




野鳥 自然 ガラス窓 ふくろう おとり

ダイニングシネマ

ftworth2885res.jpg



引っ越して来て三年目ですが 
以前の土地では見当たらなかったものに気付くことがあります

そのひとつが ダイニング・シネマ

春や秋が殆ど夏日に感じるような土地ですからネ

先ず プールのある家が断然多いです 此処は
(うちはありませんけど ネ 苦笑)

それと ホーム・シアターって云うんでしょうかしら
家の中に立派なエンターテインメント・ルームがあって
大型テレビをボリュームいっぱいで鑑賞出来る様に 防音装置から
何から整ってるお部屋が特別にあったりするのには驚きました
これも我が家は 「Thank you BUT No thank you」 てお断りしました 
予算も必要性もありませんので~~ 苦笑

室内で過ごしたい人が多いんでしょうね
子供達も外に出て遊びたくないんでしょうね あんまり暑くて

ま 兎に角 ですね

そういう人たちが揃ってる土地柄だからでしょうかしら

こうしたレストラン+映画館 というスタイルが多い事 
驚きましたよ 初め。。

同じアメリカでも 所変われば・・・ です

わたしなんか 食事中は映画どころかテレビも観たくない
って性質ですけど・・

そこの あなた様は 如何でしょうか~~?



にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村



ダイニングシネマ 夕食 食事 レストラン 映画

盗難にあったカメラ

hometowntrainstation.jpg

↑ ↑ 故郷付近のとある駅ホーム↑ ↑

🌊 🌊 🌊

「元泥棒に聞いた防犯対策」 という記事  を読んで
出張中に空き巣に入られたニューヨーク住まいの娘Bのことが
咄嗟に頭に浮かびました

既に過去にブログのネタにしてしまっていてますが (笑)
PCや 仕事に必需品であるノートパソコン、 自分用のノートパソコン、
一眼レフのカメラ、 そういった貴重品をことごとく盗まれてしまいました

中に わたしが上げた 昔のカメラも混じっていたということです


中学生の頃 愛用してたカメラでした

し○屋をしていた継父は トランジスタラジオとか腕時計、カメラなどが
質に入ると わたしに見せてくれて 欲しそうだと
流れた時に 売らずにわたしにくれたものでした

そんなことしてたら儲からないんですけど
連れ子のわたしにそんな風に優しくしてくれるのを見て
母は有難いと思う反面、 商いに差しさわりがあるわけで
さぞ困った心境だったに違いありません

そうした想い出のあるカメラで、 わたしから見ればいかにも
廃れた古い写真機なんですが
丁度 最近 リバイバル? してる? フィルム撮りのデジカメに
よく似たデザインで それが余計気に入ってたのか 欲しいと望まれ・・
以降娘の飾り棚に宝物の様に?ディスプレーされてました

大事にしてくれてたのにねぇ

盗んだ人、 そうしたわたし達母娘の感傷も知らず
流行のデジカメだと思って取って行ったんでしょうかねぇ

いずれにしても この空き巣事件がなかったら あのカメラの事は
すっかり忘れているところでした

同時に いかに継父がわたしによくしてくれたかを
改めて思い起こさせてくれました

📷 

思うに・・・

何か事情があって困窮したと思われる人が父のところへ持って来て
現金に換えて行き その後 三か月して引き取るお金が作れないまま
流してしまったカメラ・・
半世紀ほどして また他人のものを盗まなくてはならない事情のある?
盗人の手に渡った・・

カメラとはいえ 数奇な運命を辿ったものです


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村




カメラ